サステナビリティ

1.サステナビリティ基本方針

私たちバリューコマースは、「ともに拓く」という企業理念のもと、「事業の成長」を通じ、多くのステークホルダーの皆さまとともに「持続可能な社会の実現」に寄与する企業活動を推進してまいります。

サステナビリティに関する取り組みを推進するため、社会からの要請を十分考慮してリスクを適切に管理し、事業機会の最大化を図ってまいります。


(5つの活動テーマ)

  • ① 社会変化への対応
  • ② 情報セキュリティの向上
  • ③ 事業継続危機への備え
  • ④ ガバナンスの強化
  • ⑤ 自律的な人材の育成と確保

当社グループにおける「サステナビリティ」

当社グループの発展の持続可能性をいい、環境や社会問題とのつながりを考えて事業を進めることは、当社グループにとって、社会的責任を果たすだけでなく、事業成長の機会につながるものと考えております。

当社グループにおける「マテリアリティ」

当社グループの中長期的な企業価値向上の実現に向けて、持続的に事業を成長させる上で対処すべき重要課題をいいます。

2.サステナビリティ推進体制

当社グループにおけるサステナビリティへの取り組みは、 ESG関連のリスクを十分に考慮して実行する統合リスク管理のもとで推進いたします。
統合リスク管理を実行するリスク管理委員会では、当社グループの発展の持続可能性の観点からのリスクの確認を行い、マテリアリティや取り組み状況について、取締役会に定期的に報告しております。
また、社外取締役で構成される監査等委員会は、当社グループにおけるサステナビリティに関するさまざまな課題をリスクとして認識し、業務執行部門に適宜報告を求めています。

3.マテリアリティの特定プロセス

統合リスク管理のもとで、以下のとおり実施しております。

ステップ1:課題の抽出

当社グループの中長期的な企業価値向上の実現に向けて、各種ガイドライン(SDGs、SASB、GRI)やステークホルダーの皆さま(顧客・取引先・従業員・株主)とのコミュニケーションなどを参考に、全社戦略及び事業戦略の観点から、持続的に事業を成長させる上で対処すべき課題を抽出。

ステップ2:優先順位づけ

抽出した課題について、当社グループにおけるマテリアリティを優先順位づけ。

ステップ3:課題の見直し

変化する社会からの要請を考慮し、またステークホルダーの皆さまとの対話を重ねながら、毎年、課題を見直し(ステップ1へ)。

4.マテリアリティ、5つの活動テーマとSDGsへの貢献

マテリアリティは、「事業等のリスク」に記載の主要なリスクです。詳細は、こちらをご参照ください。
マテリアリティを、当社グループが注力する領域として「5つの活動テーマ」に集約しています。
各テーマの企業活動を推進することで、SDGsの達成に貢献してまいります。

5つの活動テーマ SDGsへの貢献
社会変化への対応 12.つくる責任 つかう責任 17.パートナーシップで目標を達成しよう
情報セキュリティの向上 09.産業と技術革新の基盤をつくろう
事業継続危機への備え 11.住み続けられるまちづくりを 13.気候変動に具体的な対策を
ガバナンスの強化 16.平和と公正をすべての人に
自律的な人材の育成と確保 05.ジェンダー平等を実現しよう 08.生きがいも 経済成長も
このページのトップへ