トップメッセージ

代表取締役社長 最高経営責任者 香川 仁 代表取締役社長 最高経営責任者 香川 仁

情報を正しく効率的につなぐために
効果的なマーケティングソリューションを

代表取締役社長 最高経営責任者
香川 仁(かがわ じん)

世界中を混乱させたパンデミックを受けて

当社は、「日本を代表するパフォーマンスマーケティングカンパニーになる」というビジョンのもと、コマース事業者へのマーケティング支援、メディア運営者へのマネタイズ支援および消費者への意思決定支援を推進しております。マーケティングプラットフォーマーとして、消費者であるインターネットユーザーに正しい情報を効率的に届けることで、コマース事業者のパフォーマンスの向上(流通総額の拡大)に寄与してまいりました。

2019年は当社が成果報酬型広告『アフィリエイト』を開始して20周年という節目の年でした。2020年は次の10年、20年に向けて飛躍の年にと考えておりましたが、ご存じのように新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界全体が大きな変容を余儀なくされました。企業のあり方や働き方も含め、改めてリスクマネジメントの重要さを痛感した次第です。

社会の変容も成長の機会

近年、インターネット広告市場は前年比15~20%増(※)で伸長しており、今後も堅調な推移が予想されておりますが、パンデミックにより私たちの生活様式が変わったことが、eコマース市場には追い風になったと感じております。これまで以上にヤフー株式会社との連携を強化したこともあり、ECソリューションズ事業におきましては、前期比で増収(2020年12月期)という結果を残すことができました。

こうした変容を成長の機会と捉え、2021年はオンラインモールのストア向けクリック課金型広告『ストアマッチ』や、CRMツール『STORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)』といった既存サービスのブラッシュアップに取り組んでまいります。また、2020年から当社グループに加わったECサイト運営支援ツール『B-Space』や、国内初として注目いただいた日本製Shopifyアプリとの『アフィリエイト連携(Affiliate Integrate)』の開始、ダイナテック株式会社(2019年子会社化)との連携による新たなソリューションの創出など、新規サービスを拡充させながらバリュー(付加価値)を高めてまいります。

終わらない成長へのチャレンジ

バリューを高めていくための意欲的なチャレンジを可能にするのは、企業の無形資産ともいえる”人財”あってこそです。新しい働き方を整備する一方で、当社の価値創造にコミットできるよう、個々の成長の場をどのように拡充していくのかという課題にも取り組みながら、中長期的な成長へとつなげていく所存です。

環境とは常に変容するという認識のもと、冷静かつ柔軟に前進してまいりますので、今後ともバリューコマースへのご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


※出典:株式会社電通「2019年日本の広告費」

このページのトップへ