プレスリリース

バリューコマース アフィリエイト、デバイス推定技術を用いたトラッキングを提供開始

バリューコマース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 最高経営責任者:香川 仁、以下、バリューコマース)は、運営するアフィリエイトプログラムで、デバイス推定技術を用いたトラッキングを提供開始しました。この提供によりApple社がリリースしたSafariブラウザトラッキング防止機能「Intelligent Tracking Prevention(ITP)」に代表されるようなCookieの取得に制限がある場合でもアフィリエイトトラッキングが可能となりました。

【Intelligent Tracking Prevention (ITP)とは】
Apple 社が提供する最新バージョンの iOS11や macOS High Sierra に搭載された機能で、Safari ブラウザに「トラッキングを目的とするCookie である」と識別されると、一定時間をおいて Cookie の利用に制限がかかるものです。

【バリューコマース アフィリエイトの対応】
バリューコマース アフィリエイトの従来の仕組みでは、注文データのトラッキングにCookieを利用しているため、Cookieが削除されたり、Cookieが利用できないなどの制限がかかるとアフィリエイトの成果がただしく計測できなくなる可能性がありました。

従来のCookieによるトラッキングに加え、Cookieに依存しないデバイス推定技術によるトラッキングを導入することで、ITPやその他Cookie利用制限によるコンバージョントラッキングへの影響を最小限におさえることができるようになりました。
※広告主様に現在ご使用いただいておりますコンバージョントラッキング用のイメージタグを、あたらしいJSタグに入れ替えていただく必要があります。

多くのツールやメディアで利用しているトラッキングを目的とした Cookieですが、ITP機能などによって制限が加えられる可能性があります。このような外部環境の変化に対し、バリューコマースでは今後も改善や対応をしてまいります。

【バリューコマースについて】
EC事業者の2大課題、「集客」と「顧客維持」に対するソリューションを自社で保有。日本最大級のアフィリエイト ネットワークを軸に、パフォーマンスの最大化を支援。マーケティング領域での課題解決、提案をする会社です。

<本件に関する報道関係のお問い合わせ先>
バリューコマース株式会社 広報
E-mail: press@valuecommerce.co.jp

このページのトップへ