お知らせ

バリューコマース×一般社団法人薬機法医療法規格協会、景表法薬機法勉強会開催

バリューコマース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 最高経営責任者:香川 仁)は、2021年11月10日(水) 一般社団法人薬機法医療法規格協会と共同で、アフィリエイトサイト運営者向けに「景表法薬機法勉強会」を開催しました。本勉強会には定員を上回る視聴応募があり、アフィリエイターの関心の高さが伺えました。

講師には全国薬機法医療法弁護士協会の協力を得て、景表法、薬機法に精通した5名の弁護士をお招きし、各法律の基礎から改正点について解説していただきました。

前半のプログラムでは、岡井裕夢弁護士より景品表示法の概要と、合理的根拠のない表現についての実例や、アフィリエイトブログなどで多い体験談を用いる場合の留意点を学びました。

次に、新城安太弁護士からアフィリエイトブログで多く見られる、ランキングサイトにおいて注意すべき点、No.1表示の使用方法、強調表示と打消し表示について解説していただきました。

後半のプログラムでは、薬機法について竹森現紗弁護士に、ブログで健康食品を扱った記事を掲載していた認識でいても、捜査機関や裁判所から「医薬品」「医療機器」とみなされ、未承認医薬品の販売や広告の罪が適用される場合の事例を、詳細に紹介していただきました。

次に、髙芝元弁護士より、2021年8月1日に改正された薬機法のポイントと、アフィリエイターが最低限身に着けておくべき著作権法について解説していただきました。今回の改正で課徴金の対象者を誰と捉えるか、また、課徴金制度以外にも気をつけるべき制度を説明していただきました。

最後に、寺垣俊介弁護士が参加者から事前にいただいたご質問について一部ご回答いただきました。

開催後に行った視聴者アンケートでは、法律の理解について学ぶ機会の重要性と必要性、また、情報を常にアップデートすることの大切さについて記載されるアフィリエイトサイト運営者の声を、多くいただきました。これらの声を真摯に受け止め、バリューコマースは、今後もアフィリエイトサイト運営者に向けた勉強会の開催やコンテンツの作成を積極的に行ってまいります。

【バリューコマースについて】
バリューコマースは、アフィリエイト(成果報酬型広告)によるECサイトへの「集客」と、モール内クリック課金型広告やECサイト運営ツールによる「販売促進」の2つの強固な軸で、「集客」から「顧客維持」までのトータルソリューションを提供し、コマース事業者の収益最大化を支援するパフォーマンスマーケティングカンパニーです。

【本件に関する報道関係のお問い合わせ先】
バリューコマース株式会社 広報
E-mail: press@valuecommerce.co.jp

このページのトップへ