求める人物像

バリューコマースで働きたい方へ、メッセージを紹介します。
会社と一緒に「成長」したい人、お待ちしています。

代表取締役社長
最高経営責任者
香川 仁
コーポレート本部
人事部長
大野恵里子

 

「挑戦」「成長」の意識が強くなっている

香川バリューコマースは、「クライアントのパフォーマンス(成果)最大化」を軸に、広告事業とCRM事業を展開しています。特に最近は、獲得した顧客から生涯どれだけの売上を上げるか、という“ライフタイムバリュー(LTV)”という概念が重視されるようになってきています。

今までのバリューコマースは、アフィリエイトやアドネットワークでの新規顧客の集客を得意としていましたが、集客だけではなく、リテンションを高めるマーケティングオートメーションツール『R∞(アールエイト)』をサービスラインナップ加え、LTV最大化を推進しています。また、2016年9月にはYahoo!ショッピングに出店しているストア向けに、『STORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)』を提供開始しました。

今後は、リアル店舗とECサイトの顧客情報の一元管理や、店舗のような接客をウェブ上でも行えるよう、顧客一人ひとりに合ったアプローチを支援していきたいと考えています。

大野サービスもどんどん増えてきて、「挑戦できる」「成長できる」場が広がり、会社全体に「挑戦」「成長」に対する意識が強くなってきている、と感じますね。バリューコマースは、ベンチャー企業からスタートしているので、「会社の成長」と「人の成長」の両方が比較的初めから根付いていたように思います。いまのバリューコマースは、できる人や能力がある人は、より次のステージに上がれるような環境を構築できていると考えます。

制度面で言えば、2015年から「バリュー評価(360度評価)」と「業績評価」での2軸の評価システムを導入しています。そのほか、全社横断プロジェクトや、外部機関によるリーダーシッププログラムなど、成長する機会はたくさんありますね。

PHOTO

 

一人ひとりの成長が会社全体の拡大に

香川提供サービスが増えてきたので、バリューコマースが求める人材の属性も広がってきています。サービス増加に伴い、扱うデータも増えてきて、これからは、「どうデータを読むのか」「どういうプランを作って、目標に的確にアプローチできるか」が重要です。データの可視化が進んでいくことで、見えていなかったものが見えきて、それに対して、どういうアプローチをするかが大事になってきます。そこにモチベーションを持てる人が成長できると思います。

大野まず、当社のサービスに興味がある方。かつ、自分のやりたいことが明確で、情熱のある方に入社してほしいと考えています。

香川「人の成長が、会社の成長」という言葉がありましたが、会社の成長は何かと考えると、個人一人ひとりの成長が会社全体の拡大につながっていると思うんです。その意味でも、個人としてのKPIや成長を追求していって、自身の評価を高めるとともに、会社の業績に貢献していってほしいですね。

PHOTO

 

自分なりのアプローチ方法を見つけて、丁寧に

大野バリューコマースは、中途採用も多いんですが、古くからいる人も、新しい人も、仲間意識が強い会社ですね。お互いをサポートする意識が高いと感じています。

香川社員の人柄としては、ベースは「誠実」ですね。

バリューコマースは、アフィリエイトからスタートして、いまはトータルでマーケティングを提供しています。会社の中でもいろんな変化があるので、それを楽しめる人がいいかな。山に登るときには、ルートはいくつもある。仕事のアプローチ方法も同じようにいくつもあると思うので、自分なりのアプローチ方法を見つけて、丁寧にやっていってほしいですね。

大野そして、自分もその会社の中で成長する、という気持ちを持ってほしいですね。もちろん、根気・忍耐も必要です。ゴール地点を見据えながら、ルートを変更しながらも、ゴールまで行ける意思と力を持った人が、成長できると思います。

香川失敗しそうになっても、やりきる。強い意思を持って進められる人が成長に一番近いと感じます。

PHOTO
  • D&Tソリューション本部 本部長
    岩永 直也

    D&Tソリューション本部での仕事の醍醐味は、データを活用したマーケティングに携われること。購買データやユーザー行動など多様なデータを活用し、一人ひとりに合わせたコミュニケーションを実現するOne to One Marketingは、前例のない未開拓の領域であり、無限の可能性を秘めています。新たな領域を切り開いていくということ、かつそこに成功事例としてイノベーションを起こしていくところに、面白さがあります。

    CRM事業は新領域で、決まった仕事をするわけではありません。様々なデータや事象に対して、臨機応変に対応していくことが必要になります。変化への対応と、新しいことへの挑戦により新しい市場を作っていける、そういう人材を求めています。

  • 最高技術責任者(CTO)
    伊藤 信敬

    「開発が好き」な人に来てほしいと思っています。企画や分析などを手がける機会もありますが、開発ができることがすべてのベース。そこからいろんな形へと変貌して行くものだと思っているので、まずは開発が好きな人を求めています。

    当社は大きく分けて広告事業・CRM事業の二つで成り立っています。広告事業においては、アフィリエイトやアドネットワークなど、日本最大級規模の広告配信ネットワークの開発に携わるので、このスケールの大きさが醍醐味の一つ。CRM事業は、100万人に100万通りのコミュニケーションを実現するというミッションのもと、ビッグデータを駆使しつつ、多くの人と連携しながら作り上げていきます。一人の技術者の貢献は大きく、達成感も味わえるはずです。

  • アフィリエイト本部 本部長
    伊藤 孝司

    アフィリエイト本部では、広告主に対するコンサル営業と、メディア営業の両面の業務があります。どちらにも共通しますが、一番の魅力は、自身が企画した施策の効果が分かること。数字で結果が出るので、そのシビアさがある一方で、コンサル力、提案力が磨かれることは、大きなやりがいになると思います。また、幅広い業種との取引があるため、各業界のマーケティングの知識も身に付きます。

    弊社の営業は、個々の裁量で自由にやれることが多いため、“待ち”の姿勢の人は難しい。主体性が強く、切り開く力がある人に来てほしいですね。目標に対して、自分で考え、行動し、失敗してもいいので自分で立て直しができる人。また、先を読まないといけない業界なので、先見性のある人に来てほしいと考えています。