インタビュー

INTERVIEW

2018年入社/中途小川 琢郎

アフィリエイト本部
コンサルティング4部

業務内容を教えてください。

2018年6月に中途入社し、現在一年目です。

コンサルティング担当として、クライアントの売上をあげるための提案や、お問い合わせをメインに担当しています。担当領域がひろく、百貨店から音楽配信サイト、レコード会社までクライアントにいらっしゃいます。ショッピングやエンタメ系のウエイトが多いですね。いろいろな方とつながりが持てます。

コンサルティング4部では、オンライン案件を担当しているためクライアント数も多くなります。管理画面の使い方をサポートしたり、売上実績をあげるためのコンサルティングをします。横断的な分析を行い、部内で共有しながら提案をしています。クライアントと切磋琢磨していこうと日々すすめています。

 

仕事をしていて楽しいと思うのは、どんな時ですか?

数字が好きなので、クライアントの過去実績から現状の売上まで、とにかくデータ分析、可視化するのが楽しいです。論拠や仮説を持って提案するようにしていますので、実際に売上が伸び、数字があがってくるとうれしいです。

アフィリエイトは、時期的なトレンドがある業界です。季節要因を調べたり、クライアントと連携して要因をさぐり、伸びているだけではなく落ちる原因も探し、打ち手を考えることがとても楽しいです。そして結果が数値でみれるのが、さらに楽しいです。もともと理系出身で分析することが好きだからですね。

 

これまでの仕事を教えてください。

以前は銀行に勤務していました。出納から窓口、渉外を経験、おもに投資信託や保険商品の営業を担当、データ分析は当時から好きでした。お客さまとお話するのが好きで、投資信託や保険の仕事は提案をさせていただけることがとても楽しかった。

ただどうしても本当に求められているものを提案できているのか、それがわからなくなりました。可能性を示して、根拠をもって提案していきたいし、それでクライアントの満足できる実績につながる提案をしていきたいと考えました。分析が好きな強み、それを活かしていくのは他の職種でも挑戦できるかもと思ったことが転職を考えたきっかけです。

バリューコマースを選んだ理由を教えてください。

学生時代は、Web広告にとても興味がありました。そのため、ネットワーク、プログラム、CGも経験しました。広告にもコンサルティング業務にも興味がありました。

Web広告の中でもアフィリエイトというビジネスモデルは伸びしろがあり、確立されすぎていない業界です。自分の考え方、働き方で、会社や業界にあたえることができる影響、可能性があるのでは思いました。

以前はたらいていた業界は、いい意味で安定しています。ただ確立されているため、自分で考えて行動する、仕組みを改善していきたいと考えるとすこし難しいところがあります。アフィリエイトは日本でも20年続くビジネスモデルで歴史もありますが、テクノロジーの進化にともない、どんどん進化していく業界です。

とはいえ、実はずっと地元にいましたので、転職にともない東京に引っ越す必要がありました。すこし考えましたが、視野をひろげてチャレンジしたい、いま経験を積んでおきたいと思い、転職を決めました。

 

バリューコマースのいいところはどこですか?

年齢に関係なく、活躍されている方が多いところです。また、若い人材を育てていこうという姿勢が強いため、自分で活躍したいと思えるのであれば、将来的にはどこまででもいけるのではないかと思います。特に自分がいるコンサルティング4部はそうですね。いいサイクルをつくって育成する体制が整っていると思います。

Webという業界の特性かもしれませんが、あたらしいものを取り入れようとする雰囲気、コミュニケーションの取り方も以前の業界と違い、いいギャップを経験しています。

これから、どんなことをやっていきたいですか?

いまはコンサルティング営業をしていますが、人に教える、育成する経験を積みたいと思っています。中途で入社した私に一から教えていただいた、OJT担当の先輩からそう学びました。営業のノウハウを持って、新卒の方や中途入社の方に研修を行ったり、人を育てていくような仕事に携わりたいですね。

いつ、どこにいっても、どの立場でも、柔軟に対応できるようなオールマイティな人材に成長したいと思っています。

 

どんな人と一緒に働きたいですか?

相手の立場で物事を考えられる人がいいですね。自分で立場を考えて行動し、それが第三者にどう映っているのかを常に考えて行動することがチームワークにつながると思います。バリューコマースの強みのひとつはチームワークだと思います。

他の部署ともかかわりがある、相手のことを考えながら、自身の業務も推進していく、そんなバランス感覚のある方と一緒に働きたいです。

※所属や業務は、取材時の内容となります。