インタビュー

INTERVIEW

2015年入社/中途松本 有生

技術開発本部
技術開発2部
開発2チーム
チームリーダー

キャリアアップを考え、転職を決意

前職では、広告関連のシステム開発に携わっていました。DSP(Demand Side Platform)というプロダクトがメインで、人が少なかったため、配信エンジンの開発からインフラまわり、保守運用まで幅広く担当していました。広告システムとしての知識や経験は積むことができたのですが、新たにエンハンスを積極的にしていくというよりは、保守的な開発がメインでした。

転職を考えたのは、アドテクエンジニアとしてのキャリアアップを考え、広告システムの中でもまた違った領域での知識や経験、技術力を高めたいという理由からです。新卒で入社した会社の先輩だった伊藤さん(CTO)からお誘いを受け、また一緒に仕事がしたかったのと、伊藤さんがいる会社なら技術力は間違いないと思い、入社を決意しました。

試行錯誤しながら、成長を感じる

現在は、『R∞(アール・エイト)』を担当し、マーケティングオートメーションサービスの拡張と成長をミッションとしています。既存システムの保守開発だけでなく、集客から育成まで全体を最適化したマーケティング施策が行えるよう、アフィリエイトやアドネットワークといった既存システムとの連携も進めています。

サービスの性質上、大量のログからいろいろな切り口でデータ集計する必要があります。いかにインフラコストをかけず、かつスケーラブルにつくるか、広告配信エンジンのようなリアルタイム処理とはまた違って難しく、試行錯誤しながら進めているところです。すでにサービスとしてはレッドオーシャンになっているので、既存サービスとどう連携してシナジー効果を出すかなど、要件や仕様を考えながら進める必要があるため、難しいところも多いと感じています。

いろいろと課題や問題はあるんですが、だからこそ、試行錯誤しながら得られる知識や経験は大きいですし、技術的にも常にこれまでとはちょっと違った領域の開発を経験させてもらっているので、エンジニアとして成長を感じています。

技術力の高さには、自信あり

アフィリエイトという事業の柱がある中で、会社として次のステージに向けて、新しい取り組みを行ったり、積極的に新規事業を進めたりと、保守的ではなく新しい挑戦をどんどんしていて、社員一人一人も挑戦できる環境にあるところがとても良いと思います。

環境の変化に柔軟に適応でき、失敗を恐れずにチャレンジを楽しめる人が、バリューコマースには合うでしょうね。周りに優秀なエンジニアも多いし、技術力の高い会社だと自信を持っているので、エンジニアとして技術力を高めたい人に来てほしいです。

技術的なことが純粋に好きな人と一緒に働きたいですね。広告システムや大規模データ分析システムなどを手掛け、フロントエンドからバックエンドまで幅広く、また低レイヤーなところまで自社開発で行っているため、開発としては難しいところも多いのですが、それを楽しめる人と一緒に開発したいなと思います。

※所属や業務は、取材時の内容となります。