インタビュー

INTERVIEW

2013年入社/中途貝川 満

技術開発本部
技術開発1部
開発1チーム

自社サービスのエンジニアになりたい、と転職

前職では、システムエンジニアとして開発案件に携わっていました。そこで、広告主側の立場でバリューコマースのアフィリエイトサービスを利用したこともあります。その後、バリューコマースのアフィリエイトサービス改修案件に参画したことが直接の入社のきっかけですが、もともとWeb系の開発に興味があり、自社サービス開発のエンジニアになりたい、と思い転職しました。

現在のチームはアフィリエイトサービス全般の開発・運用を行っており、その中で、バックエンドのシステム開発・運用を担当しています。サービスの一部機能刷新のために、既存システムでは使用していない開発言語を採用し、設計からリリースまで責任を持ち対応したことは、これまでで一番やりがいがありました。

一方で、慣れていない開発言語を採用したことにより、思うように開発が進まず、スケジュールギリギリまで作業を行ってしまったことがあります。新しいことに挑戦するのも重要ですが、スピードが落ちないように気をつけています。

個人の責任が重く、技術力やスピードも必要

既存システムの品質向上を行いつつ、新たな技術を取り入れ、自身の技術力を向上させること。それがモチベーションを維持する秘訣だと考えています。

バリューコマースに入社してからは、個人の責任が重く、技術力やスピードも求められるようになりました。与えられた事だけではなく、どうしたら改善できるか、どれが最適なのか、と考える事が多くなりました。そのため、システムの仕様把握や、新しい技術を学ぶ事を積極的に行うようになり、そこは自分が成長した点だと感じています。

今後も、アフィリエイトサービスの品質を向上させ、新機能追加を行い、より良いサービスを提供できるように努力していきたいと思っています。

部署間のコミュニケーションが取りやすい

バリューコマースは、アフィリエイトサービスだけではなく、「新しい分野にサービスを展開し、挑戦し続けている会社」です。部署間のコミュニケーションが取りやすく、無駄な残業が少なく、働きやすい、というのが良い点でしょうか。

会社として、新しい技術への取り組みを推進しているため、新しい事が好きなエンジニアにとって、とても良い環境だと思います。サービスを良くしていくためにどうするべきか、自身で考えて行動できる人と一緒に働きたいです。

※所属や業務は、取材時の内容となります。