インタビュー

INTERVIEW

2010年入社/新卒馬場 和也

アフィリエイト本部
新規開発部
メディア開発チーム
チームリーダー

ミッションは「新規の売上創出」

現在は新規開発部に所属していますが、その名の通り、アフィリエイト広告の「新規の売上創出」がミッションで、チームとしては新しいメディアの開拓業務がメインです。特にジャンルが定まっていないため、多領域のあらゆるメディアに対して営業をかけつつ、そのメディアに合う自社の取り扱い広告を日々提案しています。

過去最高の広告費用を使ったプロモーションを担当したときは、かなりヘビーな交渉や問題も多かったんですが、結果、先方の過去最高記録の実績を出せたときは、非常にやりがいを感じましたね。逆に、1年目の時に仕事のミスで初めてお客さんからクレームをもらったときは辛かったです。当時、自分でしっかり確認せずに、共有された情報だけを信じて進めたことが原因だったため、以後は自分自身で腹落ちするまで、確認を怠らないように心掛けています。

何よりも「成長できる環境」がある

大学時代は教師になりたいとずっと思っていたので、実際民間の就職考えたのは大学の3年になってからで、当時は、「行きたい!」と志望している会社はなかったんです。だからこそ「広く、多業種と関われそうな仕事」ということで、広告業界を志望して、その中のインターネット広告に惹かれました。

入社の動機ですか? なによりも「成長できる環境」があると思えたからです。人によって「成長できる環境」は違いますが、例えばスポーツの場合、強い人と練習をすると自分の成長の速度が速くなりますよね。だから、「どれだけ大きな会社と仕事ができるか」を重視しました。その点バリューコマースは、インターネットの名だたる会社との取引があり、若いうちからその仕事に携われると思ったため、入社しました。

和やかで、ちょっとクールな環境

最近は、メンバーにできることが増え、チームとしても徐々に機能するのを見るのがやりがいです。また、月並みですが、お客さんから「馬場さんだから」と感謝の言葉をもらえたときは非常にモチベーションが上がります。

直近の目標は、いまのチームを、社内でも随一の連携が取れるチームにしていくことですね。時間的制約や個人のキャパシティーが狭くてできなかったことが、複数人でやることで、できることが増えてきた。チーム力を磨いていくことで、より難題をクリアできる組織を作っていきたいです。

バリューコマースという会社は、和やかでちょっとクールな環境が整っているのが、個人的には良いところだと考えています。また、個人の裁量が大きい仕事が多いので、一つの業務をじっくりやるタイプより、自身の業務の周辺にある業務も含めてオールラウンドに動ける(動きたい)人は合うと思いますよ。型にはまらず、現状をよりスケールさせていきたいという熱意のある人と働きたいです!

※所属や業務は、取材時の内容となります。