インタビュー

INTERVIEW

2016年入社/中途高橋 憲二

D&Tソリューション本部
ソリューション推進部
アナリティクスチーム
チームリーダー

バランス感覚が大切

現在、ソリューション推進部としては、CRMにかかわるあらゆるソリューションを実践する役割を担っています。具体的には、『R∞(アール・エイト)』の導入、導入後のコンサル、それに必要な各種分析、Web施策に関わる提案、ディレクションなどです。

その中で、私が所属しているアナリティクスチームは、各種データ分析を行っています。主に顧客情報、購買情報、キャンペーン利用情報などをもとに、企業様の売上を向上させる目的でデータマイニングを行います。扱うデータ量が非常に大きいため、SQLを用いてデータの加工や集計をし、必要に応じて多変量解析なども活用しながらアウトプットとしてまとめていきます。

以前は、『R∞』の導入や導入後の施策設計なども行っていました。課題やそれを解消するための施策について、クライアントと議論を行う中で、分析を行う上で重要なことが身についてきたと思います。分析のための分析にならないようなバランス感覚が大切なんですよ。

データを活用した新たなサービス構築を

いまのモチベーションは、クライアントの期待に応えたいという気持ち、分析に関連するスキルアップ、会社の中で分析に関する環境やルールなどを整備すること、この3点です。また、「アフィリエイト広告とCRMを連携させた、新しいサービス開発」というテーマを持って業務を進めていますが、それはやりがいを感じますね。

バリューコマースに転籍する前、デジミホ時代から『R∞』に関わってきましたが、知見が何もないところで、手探りしながら何かを組み立てていくことを経験してきました。分析手法や分析環境の構築、新しいサービス開発など、何ら確立していない状態からのスタートなので大変でしたが、いい経験ができたと思っています。今後も、企業様のマーケティングの現場での分析業務に携わりつつ、データを活用した新たなサービスの構築に寄与していきたいと思っています。

主体的に動けばチャレンジできる会社

以前は、リサーチの会社でリサーチャーをやっていました。リサーチャーもやりがいはあったのですが、関与できる範囲が調査結果のレポーティングにとどまるものだったため、その先に踏み込んでいきたいと考えはじめたことがきっかけで、転職を考えるようになりました。そこで、自分の裁量で様々なことに携わっていけることに期待してデジミホに転職し、『R∞』に関わってきました。その後、バリューコマースに転籍した形になります。

バリューコマースは、「主体的に動けばチャレンジできる会社」ですね。アフィリエイト広告という軸になる事業がありつつ、CRMなど新たな領域への事業拡大を行っているところは、魅力だと思います。

どうするべきなのかを自分で考え、動くことのできる人。そして、自分の携わる業務に関し安易に妥協しない人。そういった人と一緒に働きたいですね。

※所属や業務は、取材時の内容となります。